抗真菌薬で気を付けたい飲み合わせ

イトラコナゾールは、病原性のカビであるカンジダやアラセチアなどの真菌の細胞膜成分の生合成を阻害して、真菌の増殖を抑える効能があります。
一般的に消化器や泌尿器などの内蔵真菌症と難治性の皮膚真菌症に用いられ、胃部不快感、腹部の不調、光線過敏症などの副作用が見られ、特に肝機能障害、心不全、中毒性表皮壊死融解症など重大な副作用も確認されているので、他の薬との併用には注意が必要とされています。
薬物過敏症やアレルギーなどの既往歴のある人や肝機能障害、腎機能障害のある人は、イトラコナゾールの使用には細心の注意が必要です。
イトラコナゾールと併用してはいけない薬品は、沢山あります。
カルシウム拮抗薬の働きによって血圧を降下させる効能のあるアゼルニジピンやコレステロール生合成を阻害し肝臓へのコレステロール取り込みを増強する事で血中コレステロール値を減少させるシンバスタチンは、肝機能障害や洞停止など抗真菌薬の副作用を悪化させるので併用を避けるべきです。特に肝臓や腎臓に障害を抱えてコルヒチンを服用している患者は、イトラコナゾールの使用は禁止されています。
更に、大脳辺縁系や視床下部に働いて情動機構を抑制する事で催眠作用や抗不安作用を示すトリアラゾラムと真菌症薬の併用は、副作用である肝機能障害や黄疸に加えて、アナフィラキシーショック様症状を助長するとされています。
統合失調症や小児自閉障害・精神遅滞の治療に用いられる神経系の強力な精神安定剤であるピモジドや循環器系や生殖器系などの治療に用いられるタダラフイルやニソルジピン、エプレレノンなどの併用は危険とされています。
他にも、アリスキレン、プロナセリン、エルゴタミンなど数多くあります。

イトラコナゾールは相互作用を起こしやすい

イトラコナゾールは病原性のカビである真菌の感染症に対して、効果を発揮する薬です。
真菌が皮膚や内臓、爪などに感染することが原因となって発症する病気には、真菌血症や尿路真菌症、呼吸器真菌症、体の各部位における白癬、水虫、タムシ、カンジダ症などがあります。
イトラコナゾールは内服用の水虫治療薬などに配合されていて、爪水虫に効果のあるパルス療法にも使われます。
消化器官や膀胱、肺などの身体の内部で真菌が異常に増殖することがあり、そのような内臓真菌症においては通常の健康的な生活を送っている人の場合はあまりかかることはないと言えますが、抵抗力が落ちている方の場合は重症化しやすい病気となります。
イトラコナゾールには真菌の細胞膜の成分の合成を防止する効果があって、真菌の増殖や成長を抑制させます。
イトラコナゾールは他の薬剤と併用することによって、強力な副作用を増強してしまうことが知られていますので、相互作用のことを把握して、服用時点において飲んでいる薬があるときには医師や薬剤師に伝える必要があります。
この薬には他の薬の代謝分解を妨害する作用があって、他の薬の効果で血中濃度が上昇してしまうために副作用が強くなります。
代謝の妨害が行われてしまう併用禁止となる医薬品には、降圧薬のアゼルニジピンやエプレレノンなどがあります。
心療内科や精神科で処方が行われる抗不安薬や睡眠薬についても、併用が禁止される薬が存在していますので、それらの診療科目に通院して薬の処方を受けている患者の場合には、服用の際に医師に相談する必要があります。
抗血栓薬であるワーファリンや高血圧薬であるカルシウム拮抗剤、免疫抑制薬などにおいても相互作用が生じて副作用が強まる危険性があります。