アプリでクーポンを発行するメリットとデメリット

企業や会社、店舗等がアプリでクーポンを発行するとどのようなメリットがあるのかというと、まず今まで紙で作っていた割引クーポン等が全て電子化されるので紙の印刷費等を省く事が出来、その分消費者に提供する事が出来るという点です。

また従来紙で作っていたスタンプカードやポイントカードの代わりとしても使用する事が出来るという点もメリットの一つです。電子化されれば消費者のスマートフォンに自動的に割引クーポンが配信される事になるので消費者も必ず目にする事になるので非常に宣伝効果が大きく、その分来店にも繋がりやすいという点もあります。

さらに紙媒体だといちいち印刷をして配らないといけないので時間と手間がかなりかかってしまいますが、アプリであれば配信してしまえばあっという間に多くの人に配る事が出来るので時間と手間もかなり節約する事が出来ます。他にもどれ位の数を配信したらどれ位のお客様が来て使用してくれたか等のデータ集計もすぐに出来るので便利という点も大きなメリットです。一方アプリでクーポンを発行するデメリットもあります。

それは紙と違って、まずは実際にアプリをダウンロードしてもらわないと配信する事も使用する事が出来ないという点です。いくら割引クーポンを配信しても、消費者に気づいてもらわなければ何の意味もありません。だからと言って街で紙のように配る事も出来ないので、如何に消費者に知ってもらうかが重要になります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *