ポイントカードとアプリのメリットとデメリット

いろいろな店舗でポイントカードを作成すると、財布が嵩張り邪魔になることがあります。その悩みが無くなりすっきりしたらどうでしょうか。

ポイントカードの会員番号をスマートフォンのアプリに入力すれば、どちらでも使用可能になります。そればかりか財布を忘れてもスマートフォンがあれば、もらい忘れることが無くなります。アプリでしか決済できないレジだったり、ボーナスポイントをもらうにはアプリ内のゲームで遊んだり、アンケートに答えるのが条件というのもあります。

では、カードは必要ないのかと言うとそうでもないのです。カードの場合は身分証明書があれば、誰でも簡単に発行できるという手軽さがあります。スマートフォンを持っていない子供や年配者、フューチャーフォンユーザーや、古い電話の場合を持っている消費者でも作ってもらうことができます。また、仮に紛失してしまっても悪用されないように使用停止することができるのも強みです。それ以外にも、カードリーダーで読み取る機械の場合はアプリは使用できず、スマートフォンのバッテリーが無かったり、電波状況が悪く使用できないケースも考えられます。ポイントをもらうのはどちらでもいいが、使用する場合はどちらかのみというケースがあるので、両方を使用できれば問題ないです。

一つのポイントそのものに対しては甲乙をつけがたいが、複数持っている場合はスマートフォンで管理できるため、ポイントカードアプリのほうがいいのかもしれません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *