顧客を把握するパーソナライズ

パーソナライズで最も身近な例は検索エンジンの表示結果です。

キーワードの内容をはじめ、それに関連する広告はすべて閲覧者個人をターゲットにした情報が表示されています。同じキーワードでも個人によって必要な商品が異なり、性別によっても表示される内容は違ってきます。

サイト上で物品を購入する場合に、決済前後のページに表示される商品は購入しようとしている商品に関連付けられています。個人の消費行動だけでなく、企業においても商品の販売にパーソナライズを用いるケースは増えてきました。

従来型のように顧客回りをして商品をすすめるやり方は、現在の状況では適した方法とはいえません。ブログやSNSなどでの情報発信を通じて顧客に必要な商品やサービスをアピールしていき、ユーザー登録などで情報を必要としている顧客を把握することで、見込み客を増やしていくことにつなげることができます。

ユーザー個々の趣味や嗜好が把握できれば、効率的な商品やサービスの紹介が行えるようになっていきます。パーソナライズを踏まえての商品紹介やサービスにおいて、インターネットは必要不可欠のツールになります。

現在では様々な情報端末が普及して、機能も格段に進歩しています。細分化された情報は個々のニーズにも十分に受け入れられるような制度と選択肢を増やすことに加え、企業から見た場合でも見込み客を購入者にできる機会をさらに増やすことができます。

商品に共感を得てもらうことができれば、広告を乱立させることなく利用者を増やすことが可能になります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *