パーソナライズとは何か

十数年前のマーケティングは、テレビやラジオ、新聞、雑誌などのマスメディアを活用した「マスマーケティング」が主流でした。

これらマスメディアはいずれも、不特定多数のユーザーに対して一方的に情報を発信するものです。しかし、1990年代後半から始まったインターネットやパソコンの急速な普及により、消費者を取り囲む環境は大きく変化しました。

更にその後も、オンラインショップやスマートフォンの普及が進み、消費者自らが情報を検索し、サービスや製品を比較することが当たり前の社会となり、「マスマーケティング」では物が売れない時代となりました。その結果たどり着いたマーケティング手法が「パーソナライズ」です。

「パーソナライズ」は、消費者一人一人の興味・関心・行動範囲に合わせてサービスを最適化する概念、あるいはその手法を指し示す言葉です。例としては、インターネットのオンラインショップで、ユーザーに年齢や性別、趣味などを登録してもらうことで、ユーザーが興味をもつと思われるおすすめ商品をサイト訪問時に大きく表示することで、購買を促進するサービスなどが「パーソナライズ」にあたります。

このような、アクセスする消費者個々人に合わせて生成したWEBページを表示する仕組みは「パーソナライズドウェブ」と呼ばれています。情報溢れる現代において収益を見込むには、消費者一人一人の希望に応えた情報をいかに的確に提供できるかが重要なのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *