パーソナライズとはどういうものか

パーソナライズとは、直訳すると「個人的なものにすること」となります。

マーケティング用語の一つで、全員に同じものを提供するのではなく、個々人の属性や好み、購買行動に合わせて最適なものを提供しようとすることです。パーソナライズと対応するマーケティング用語としては「マスマーケティング」がありますが、これはテレビCMなどに代表されるような手法のことで、売りたいものを不特定多数の人に対して一方的に宣伝し購買を促すものです。

2000年前後位まではこの方法が一般的でしたが、その後なかなか物が売れない時代に突入しました。それに加えて、インターネット通販やSNSなどの広がりで、CMで流れているものをそのまま購入するのではなく、個人で色々な情報を収集し、物を比較した上で購入することが当たり前となりました。

「マスマーケティングの終焉」と言われています。今やパーソナライズは身近なところにも溢れています。例えばインターネットで検索を行おうとすると、その検索結果は個人それぞれによって違います。

また、ネットショッピングをすれば「他にもこんなものが購入されています」や、「これもお勧め」などの文言が表示されることがあります。ネット上に流れる広告は、その人がよく使うショッピングサイトのものが流れます。これら全てがパーソナライズです。

今後一層このパーソナライズの流れは進み、より細かく個々人の好みや購買行動に沿ったものが提供されるようになっていくものとされます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *