パーソナライズが求められる時代のマーケティング

パーソナライズは、パーソナルの言葉からの派生的な用語で個々人単位の興味や行動様式を把握し、それに合わせて最適化するべき手法のことを言います。

以前は、テレビや雑誌などの大衆向けの雑誌に広告を展開することで、知名度の上昇を果たして、それでもって売上向上を図る販売戦略でした。マスメディアが一定の流行を作り、それによって大衆の支持を得て、商品などの販売力が強化されていたわけです。

そのためテレビや雑誌などで不特定多数向けの広告を展開し、その統計学的にも興味を持たれる宣伝を展開することが最善かつ最良の方法だと意識されています。しかしインターネット時代に入り、大衆向けの宣伝が必ずしも個人個人に最適化というとそうではなく、口コミやweb上の話題性によって支持され浸透していき認められるようになっていきます。

つまりパーソナライズを大切にすることで、望んでいるお客さんに対して最適なアプローチをすることが大切な時代になっています。このことはマスメディアがかつての時代の様な影響力を持つ時代が終わったことを意味し、将来的にもパーソナライズが求められる時代に入ったということができます。

一方ではビッグデータの活用も注目され、ビッグデータではキーワードから傾向性や関連性などを導けるようになり、大衆の個々に関する事情までを細かく把握できる様になっています。

パーソナライズを極めれば情報の発信のあり方も大衆向けの発信よりも、個々の事情やニーズに合った形での草の根的な発信が求められ、より身近で親近感を持つサービスを受けることが可能になった時代と言うことも可能です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *