マーケティングオートメーションを取り入れる目的は

営業活動に企業がマーケティングを使うのは今や常識になっています。

どんなにいい商品を開発して世の中に出しても売れなければ企業は倒産するのです。まず売ることを考えることが重要、そのための手段としてマーケティングオートメーションが使われるようになりました。

マーケティングオートメーションとは、データをフルに活用して売り上げを上げることです。企業では、ホームページを通して営業情報を発信してそれを収集してきました。その情報を的確に営業に結び付けていたとは言えません。

最も顧客に近く、関心がある人だけがホームページを訪問してくれるのです。データ分析をすれば営業活動に利用できます。ソフトウェアを利用して顧客設定をつかむきっかけにできます。マーケティング情報を一貫して管理し、自動化・最適化することをマーケティングオートメーションと言います。

見込み客の商品やサービスに対する期待度を高めて、顧客化しやすい環境を作り出すのです。営業部門に対して優良リストとして引き渡すことができるようになります。最近企業では、商品の展示会を開いて顧客呼び込みをしても購入には結びついていないケースが増えています。

マーケティングの手法を取り入れより効率的な営業活動を展開できればもっと確率のいいお客様を呼び込むことにもつながります。法人対法人のBtoB取引でも営業活動の情報を入力することで、マーケティングオートメーションのシステムを取り入れることが進んできています。営業活動がより場当たりではなく、企画力を必要とするようになったことを示す証拠です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *