アプリのプッシュ通知で気を付けたいこと

スマートフォンのアプリなどについているプッシュ通知、これをお店の集客に使っているところは数多くなって来ているようです。

ユーザーがアプリをダウンロードしてインストールすると、アプリを立ち上げていなくても、情報発信者が通知したタイミングでユーザーのスマートフォンの画面上にお知らせを入れることが出来ます。情報が欲しいユーザーは旬の情報が得られて便利ですし、情報発信側は、お店のホームページに来てもらわなくても伝えたい情報を提供することが出来、共に喜ばしい状態になります。アプリプッシュの通知を活用することは、情報発信をお店でしながらリアルタイムで全てのユーザーに接客するようなイメージにもなります。そのため広がりを見せています。もちろんメリットばかりでなくデメリットもあります。

例えば、情報発信の頻度が少なかったり、逆に多すぎたり、情報の内容が薄かったり、その他にも同じような内容を続けたり、ユーザーの得にならない情報を送ったりすると、次第にユーザーは離れていくことにもなります。最近では、インターネットのWebサイトなどで迷惑なプッシュ通知という表現を見かけたりします。やはりユーザーは欲しい情報や有用な情報だけを必要としているので、一旦迷惑なものと判断されてしまうと、通知をオフに設定して、ホームページにも来てもらえなくなってしまうでしょう。そうならないように情報発信側は、頻度や内容に気を付けた方がよいと思います。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *