イトラコナゾールの料金と血小板減少などの副作用

カビなどの微生物は真菌に分類され、細菌のように感染症を引き起こします。真菌感染症の代表的な例は水虫やたむし、カンジダ症などがあげられます。これら真菌感染症の治療に用いられるのが抗真菌薬のイトラコナゾールです。このイトラコナゾールは多数の種類の真菌に対して強力な抗真菌作用を発揮します。ヒトの細胞は細胞膜に覆われていますが、真菌も同様に細胞膜に覆われています。ただし、ヒトの細胞膜がコレステロールで構成されているのに対し、真菌の場合はエルゴステロールと呼ばれる物質によって構成されています。この真菌の細胞膜を構成するエルゴステロールの作用を阻害するのがイトラコナゾールの効果です。この作用によって真菌に毒性を与え死滅させることができますが、ヒトの細胞にはなんら影響を与えることがありません。イトラコナゾールは爪や皮膚へ移行してそこに留まる作用があります。そのため爪の中にまで菌が入り込んで治療が難しい爪水虫などにも利用されます。健康保険の適用が認められている薬ですが料金は比較的高く、完治までに3か月ほどで3万円以上となります。料金を抑える方法としては海外からの個人輸入があり、料金を半額以下に抑えることもできますが、診察なしの服用はリスクも伴います。副作用としては、発疹や発熱などのアレルギー症状のほか、下痢や便秘、腹痛、吐き気などの胃腸障害、血液障害として血小板減少などがあります。血小板減少では出血時間の増加や紫斑が現れることがあります。その他にも視覚の障害や月経異常が起こることもあります。アレルギー障害や血小板減少などの血液障害の疑いの場合は使用を中止し医師の診察を受ける必要があります。また抗アレルギー薬や催眠鎮静薬などに飲み合わせ注意の薬が複数あるため十分に注意が必要です。

性病をイトラコナゾールで治療する診断基準を知る

性病をイトラコナゾールで治療する診断基準を知っておけば実際にその病気になってしまったときにすぐに治療を受けることが出来るようになります。イトラコナゾールというのは、真菌を殺菌するための薬です。つまり、真菌が原因で性病になるカンジダなどに対して有効な効果をもたらす薬だと言えます。真菌はカビの仲間のことを意味しますが、イトラコナゾールはこのカビの仲間である真菌によって生じたあらゆる病気に対して大きな効果を発揮します。カンジダのような性病だけに対して有効な効果を働くわけではないので需要が高いのです。イトラコナゾールを使用する診断基準も真菌によって病気になっているかどうかなので、一般的にカビと呼ばれるものが原因で身体に何らかの疾患が生じているときにはこの薬を利用することで症状を回復させることが出来ます。そのため、診断基準はそれほど難しい基準ではありません。真菌を殺菌すれば体内の中で菌を繁殖させることがなくなるので、カンジダだけではなく他の皮膚病なども事前に防ぐことが出来ます。ただし、イトラコナゾールを服用すると紀伊は一点だけ注意が必要です。それは、相互作用を起こしやすく食べ物や飲み物の組み合わせによって身体に対する影響が大きくかわってしまうことがあることです。間違った方法で服用すると重篤な副作用が生じてしまうことも考えられますので、医者の注意をきかなくてはいけません。また、他の病気を併発させて違う病院に行くときには、必ずこのイトラコナゾールを既に服用済みであることを報告する必要があります。そうしないと、別の薬との組み合わせによって取り返しの付かない事態になりかねません。イトラコナゾールは使い方を間違えない限り性病を治療することが出来る便利な薬なのです。

10代の真菌症へのイトラコナゾールの使用について

イトラコナゾールは強い抗菌活性と幅の広い抗菌スペクトルを併せ持つ抗真菌薬として知られ、使用頻度も高い薬剤です。真菌類の持つエルゴステロールの生合成阻害に特異的に働き真菌類の増殖を抑制します。このことは人体への副作用が少ない事を意味するものでもあります。この特異性に加え、体内での抱合や酸化を受けにくく効果に持続性があり、外用薬は元より内服薬についても開発されています。適応する菌種も幅広く、白癬菌は言うに及ばず、カンジダ、クリプトコッカス、アスペルギルス、糸状菌その他多くの真菌症治療に有効性が認められています。副作用は前述の如く極めて少ないとされていますが、イトラコナゾールには幼小児10代に開発された小児用薬剤がありません。添付文書には新生児に対する投与は不可であり、10代小児への投与も、重篤な真菌感染症或は基礎疾患と合併した真菌症において、イトラコナゾールによる治療の危険性が有益性を上回ると判断される場合にのみ使用することとあり、注意が必要です。因みに、臨床試験及び再審査期間に得られた10代を含む幼小児への使用例は65症例あり、この内4例に顕著な副作用がある旨報告されています。この10年ほど以前から医療現場での10代を含む幼小児へのイトラコナゾールの使用例が散見され、効果を認められたとする報告が存在する事も事実ですが、十分な安全性を確立できるまでにはまだなっていないのが現状です。ご家庭でお子様が真菌感染症と思しき疾患に罹っており、親御さんの使用していた薬剤がイトラコナゾールであったとしても、安易にお子様に使用することは避けるべきです。小児に対するイトラコナゾールの含有量の問題や投与量の問題についてはまだ途上にあります。小児の真菌感染症治療については専門医からの治療を受ける事を心がける必要があります。

潰瘍を伴う真菌感性症とイトラコナゾールの薬理作用

真菌症は放置しておきますと、患部は拡大し、時として奥へ入り込み重い症状を来たします。痒みも増し、掻くことで更に症状は進行し、皮膚は剥がれ落ち膿瘍や潰瘍を形成します。潰瘍とは皮膚や粘膜或は眼球等を覆う上皮組織が欠損し患部がその下にまで達した状態を言います。皮膚や粘膜組織を持つ身体部位であればどこにでも発生する症状と言えます。真菌感性症が原因の潰瘍を皮膚潰瘍や真菌性の潰瘍と呼ぶことがありますが、進行する過程でありがちな症状でもあります。真菌感性症の治療薬として多く使用される薬剤としてイトラコナゾールがありますが、強い抗真菌活性と幅の広い抗真菌スペクトルを有し、これらの特徴が生体内での抱合や酸化を受けにくくする事につながり、又産生される代謝物もイトラコナゾールと同等の働きを見せるなど優れた働きを持っています。更に脂溶性で組織内に長らくとどまる事が出来る点でも優れており、深在性真菌感性症や内臓真菌感性症でも治療に使用されています。イトラコナゾールに感受性が認められる真菌症には、各種白癬・カンジダ・でん風菌・クリプトコッカス・アスペルギルス等があり、その適応症例には幅の広いものがあります。イトラコナゾールは真菌が持つエルゴステロールの生合成の阻害に特異的に働くものであり、副作用については比較的少ないとされていますが、薬剤過敏症に既往歴のある人、妊産婦、肝臓や腎臓に障害を持つ方、高齢者、小児への投与には注意が必要です。又薬剤相互作用、所謂他の薬剤との飲み合わせに敏感な薬剤としても知られ注意が必要です。学会では真菌症の際の薬物投与は確定診断後にするよう指導しており、安全性の高いイトラコナゾールとは言え注意は必要です。素人判断は控え専門医の指示に従っての服用を心がける必要があります。

病気のカンジダの男性の治療に使うイトラコナゾール

イトラコナゾールは真菌によって起こる病気の治療に効果があるとされているお薬です。真菌とは私たちの体に付着することで様々な症状を引き起こすもので、よく知られている病気には水虫やカンジダなどがあげられます。カンジダ菌に感染することによって引き起こされるのがカンジダ感染症ですが、この病気にかかると一度治療しても何度も再発を繰り返すと言う特徴があります。カンジダ感染症の原因となるカンジダ菌は皮膚や腸だけではなく、空気中にも多く存在していることが原因で治療して治っても、体力や免疫力が低下したり外傷などが起こるなどといった機会があると再発してしまうことがあります。真菌はカビのひとつでもあり、湿度の高いところを好みます、そのため女性の性器などとても蒸れやすい部分で繁殖しやすいのも特徴です。性行為などによって感染することが多く、カンジダに感染すると男性の場合には亀頭の付け根にぶつぶつができます。また亀頭がかさついたり、痛みなどが起こることもあります。男性の性器は蒸れにくいのですが、感染した人との性行為の後に通気性の悪い下着をつけていたり、不衛生にしていると男性の場合にもカンジダ感染症を発症しやすくなります。このカンジダ感染症の治療に用いられるのがイトラコナゾールです。病気の原因となる真菌はエルゴステールと言う物質によって細胞膜が構成されています。このエルゴステロールの作用を阻害して真菌を殺菌することができるのがイトラコナゾールの特徴で、人には作用せずに真菌だけに影響を与えることができる安全性の高いお薬です。イトラコナゾールは副作用も比較的少ないお薬ですが、他のお薬と併用すると増強、現弱を起こすことがあるので注意が必要です。

カビ菌が原因の病気

温度も湿度も高くなる季節になるとカビの増殖が頻繁に起きてきます。カビは何万種類もあると存在するといわれていますが、そのほとんどが人には無害、もしくは有益な働きをすると言われていますが、中には害を与えるものもあります。不安定な気候で体の免疫力が低下したときに体に攻撃をしてきます。カビ菌(真菌)はもともとそれほど強力な菌ではなく、病気の原因になることはまれでした。しかし、医学の発達により弱った体でも生き延びるようになったのです。この抵抗力のない状態が合併症を引き起こす要因となります。カビ菌による被害は様々であり、皮膚に感染するものとして白癬菌があります。内臓に感染するものでは、アスペルギルス菌による気管支肺アスペルギルス症やクリプトコッカス菌による肺炎や髄膜炎などがあります。アレルギーを引き起こすものとしては、トリコスポロンによる夏型過敏性肺炎やアルテルナリアによる気管支喘息やアレルギー性鼻炎などがあります。
真菌の治療薬として使用されるのがイトラコナゾールです。この薬の有効性はイトラコナゾールというトリアゾール系の抗真菌薬です。強い抗真菌活性と幅広い抗真菌スペクトルを特徴とし、白癬菌やカンジダを含めさまざまな真菌に効果を示します。皮膚真菌から呼吸器、内臓真菌まで幅広く適応可能となります。比較的に安全性が高く、各種の真菌症に対応することから病院でも処方される機会が増えています。とくにイトラコナゾールの強力な抗真菌薬は難治性で治療が難しいとされた爪の水虫に対しても一昔前に比べて完治率が格段に上がりました。外用薬での治療が難しい症例ではイトラコナゾールを使用したパルス療法が行われます。今後も新薬の開発や新しい治療法の発見によりカビ菌(真菌)による感染の完治率は上がっていくことが期待されます。

水虫治療など幅広い適応を持つ抗真菌薬

水虫などの原因菌としてカビの一種である真菌と言うものがあります。
水虫と言うと足に出来る物で、なんとなく不潔なイメージがあるかもしれませんが、実は体のどこにでも住みついて皮膚の症状を起こすものなのです。

この原因となっている真菌を包む細胞膜にダメージを与えて、真菌を死滅させる薬がいくつかあります。
液体やクリームなどの外用薬や、内服して効果を発揮するものもあります。

ミコナゾール、フルコナゾール、イトラコナゾール、ボリコナザールなどが一般的に使われている抗真菌薬です。
ミコナゾールはクリプトコッカスカンジダ、コクシジオイデスなどの病原真菌の発育を抑える効果があり、主に消化管カンジダの治療に用いられます。
フルコナゾールはクリプトコックス、カンジダには良好な効果が得られますが、耐性のカンジダ属感染がみられるので使用には注意が必要になります。
ボリコナゾールはカンジダ、アスペルギルス、クリプトコックスに強い抗真菌活性を有します。
イトラコナゾールは内臓真菌症、表在性・深在性皮膚真菌症に効果があります。
血中半減期が長く、組織以降も良好なため真菌血症、真菌性髄膜炎、呼吸器真菌症、消化管真菌症、尿路真菌症などの広範囲な病気の治療に用いられます。
また内服では吸収が良く食事の影響を受けないのも特徴です。

イトラコナゾールは爪や皮膚への移行性が良く、貯留性も優れている事が分かっています。
そのため爪白癬と言われる爪の水虫に対しても使用されます。
爪白癬は爪の中に真菌が隠れこんでしまうため治療が簡単ではありません。
爪白癬の治療はこのイトラコナゾールのパルス療法と言うのが行われます。
パルス療法とは、薬を服用する機関と服用しない期間を交互に設けることで効果を発揮させ副作用を軽減するという目的があります。
このような特徴により、真菌感染症に対して幅広く使用される抗真菌薬がイトラコナゾールです。

抗真菌薬で気を付けたい飲み合わせ

イトラコナゾールは、病原性のカビであるカンジダやアラセチアなどの真菌の細胞膜成分の生合成を阻害して、真菌の増殖を抑える効能があります。
一般的に消化器や泌尿器などの内蔵真菌症と難治性の皮膚真菌症に用いられ、胃部不快感、腹部の不調、光線過敏症などの副作用が見られ、特に肝機能障害、心不全、中毒性表皮壊死融解症など重大な副作用も確認されているので、他の薬との併用には注意が必要とされています。
薬物過敏症やアレルギーなどの既往歴のある人や肝機能障害、腎機能障害のある人は、イトラコナゾールの使用には細心の注意が必要です。
イトラコナゾールと併用してはいけない薬品は、沢山あります。
カルシウム拮抗薬の働きによって血圧を降下させる効能のあるアゼルニジピンやコレステロール生合成を阻害し肝臓へのコレステロール取り込みを増強する事で血中コレステロール値を減少させるシンバスタチンは、肝機能障害や洞停止など抗真菌薬の副作用を悪化させるので併用を避けるべきです。特に肝臓や腎臓に障害を抱えてコルヒチンを服用している患者は、イトラコナゾールの使用は禁止されています。
更に、大脳辺縁系や視床下部に働いて情動機構を抑制する事で催眠作用や抗不安作用を示すトリアラゾラムと真菌症薬の併用は、副作用である肝機能障害や黄疸に加えて、アナフィラキシーショック様症状を助長するとされています。
統合失調症や小児自閉障害・精神遅滞の治療に用いられる神経系の強力な精神安定剤であるピモジドや循環器系や生殖器系などの治療に用いられるタダラフイルやニソルジピン、エプレレノンなどの併用は危険とされています。
他にも、アリスキレン、プロナセリン、エルゴタミンなど数多くあります。

イトラコナゾールは相互作用を起こしやすい

イトラコナゾールは病原性のカビである真菌の感染症に対して、効果を発揮する薬です。
真菌が皮膚や内臓、爪などに感染することが原因となって発症する病気には、真菌血症や尿路真菌症、呼吸器真菌症、体の各部位における白癬、水虫、タムシ、カンジダ症などがあります。
イトラコナゾールは内服用の水虫治療薬などに配合されていて、爪水虫に効果のあるパルス療法にも使われます。
消化器官や膀胱、肺などの身体の内部で真菌が異常に増殖することがあり、そのような内臓真菌症においては通常の健康的な生活を送っている人の場合はあまりかかることはないと言えますが、抵抗力が落ちている方の場合は重症化しやすい病気となります。
イトラコナゾールには真菌の細胞膜の成分の合成を防止する効果があって、真菌の増殖や成長を抑制させます。
イトラコナゾールは他の薬剤と併用することによって、強力な副作用を増強してしまうことが知られていますので、相互作用のことを把握して、服用時点において飲んでいる薬があるときには医師や薬剤師に伝える必要があります。
この薬には他の薬の代謝分解を妨害する作用があって、他の薬の効果で血中濃度が上昇してしまうために副作用が強くなります。
代謝の妨害が行われてしまう併用禁止となる医薬品には、降圧薬のアゼルニジピンやエプレレノンなどがあります。
心療内科や精神科で処方が行われる抗不安薬や睡眠薬についても、併用が禁止される薬が存在していますので、それらの診療科目に通院して薬の処方を受けている患者の場合には、服用の際に医師に相談する必要があります。
抗血栓薬であるワーファリンや高血圧薬であるカルシウム拮抗剤、免疫抑制薬などにおいても相互作用が生じて副作用が強まる危険性があります。